面白い道に進む   no comments

Posted at 10:15 pm in 日記

今でも正しかった判断かと迷ってしまうのは、大学を辞めると決断したことです。あれで良くも悪くも私の人生は180度変わりましたから。今のところは、後悔の方が少ないといった感じなので、正しい判断だったとしています。

あんまり具体的にお話はできませんが、簡単に言うと、大学に残っていればそれなりに稼いで安定した生活を営むことができ、辞めたら安定からは程遠くなってしまいますが、楽しい暮らしが待っているという状況でした。

実際、辞めたら苦労だらけで、よかったと思えるようになったのはつい最近のことでしたので「とんでもない過ちを犯した」と、ことあるごとに思っていたものです。でも、それを認めたくないからがんばられたという見方もできます。

何が大変だったって、親に大学を辞めることを伝えることでした。大学の生活費は自分で稼いではいたものの、大学に入るまでにかかった金銭は全て両親のものでしたから。

辞めるこを伝える勇気が出ず、両親に話をしたのは大学を辞めてからでした。これがまた怒りを買ってしまい、特に父は激情してしまい半ば勘当とも取れるような罵声を私に浴びせました。

以降実家に帰らずがんばっています。帰れないという言い方が正しいですね。成功して、辞めて正解だったと両親に思わせるまでは、帰れませんから。

そろそろ帰っても大丈夫かな? という気もしますが、やっぱりまだまだです。まだ自信を持って、胸を張って両親を見返すことができません。もうしばらく我慢です。

私が大学を辞めた理由は、昔の若い人に憧れを抱いたからという気持ちが強かったです。かつて日本では、夢を抱えて上京したというスターがたくさんいました。もちろん今の時代もいるのでしょうが、昭和のあの時代ほどのスターがどれほどいるでしょうか?

歌手にアイドルにお笑い芸人。大半はみんな貧乏人でした。でも今の人たちは、不況とはいえ、それなりに生きていくお金を稼ぐことができ、それに甘んじています。ちょっと運がよければ有名にもなれるくらいです。なんだかそれって、面白くないなって思ってしまったんです。

面白い面白くないかで進む道を決めるっていうのは安易過ぎて馬鹿げてると言われるのは分かってます。でも面白さって、求めないと得られないんですよね。我慢してたら、人生は面白くなんかありません。

Written by admin on 11月 25th, 2012

日記を書かせる面倒な先生   no comments

Posted at 9:14 pm in 日記

中学生2年生の時の担任の先生がかなりくせ者でしてね、変な宿題を私たちに毎日くれたんですよ。それは日記です。何でもいいから、200から400字程度の日記を毎日書いて提出しろって言われていたんです。

その先生は詩が大好きで、毎朝自分で黒板に詩を書いて生徒達に見せていたんです。私はそれをまともに読んだことは無かったんですが、チラッと読んだだけでも結構「あぁ、まぁ凄いのかな?」ってくらいしっかりした詩でした。もしかしたら、何かを引用して書いていただけかもしれませんが。

そういう趣向の先生なので、私たちに毎日日記を書かせていたんです。

生徒の大半は、これに対して「面倒だなぁ」と感じていました。大半は、日記を書かずに毎日過ごしていました。

ですが、あまりにも書かない生徒が多いことに気がついた担任の先生は、書いてこなかった子は放課後教室に残して反省文を書かせていました。そうなっては、早く帰れないし、部活にもいけません。なので、なんだかんだみんな、日記を毎日提出するようになりました。

私はめんどくさがり屋だったので、日記はいつも書かずに学校に行っていました。でも、反省文も嫌です。なので、朝学校に着いたら提出までの短い時間の間に、さくっと適当に書いて提出していました。

しかも、書いている内容は、とんでもない内容でした。明らかに嘘と分かるようなものだったからです。「僕はアメリカに住んでいたことがあって」とか「昨日子犬を救う為にケンカをした」、「僕には霊感があって」など、とにかく嘘ばっかり書いていました。そういう嘘話なら、スラスラ書けたし面白かったので(笑)。

当然、いつか怒られるだろうなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。「さては先生、みんなの日記読んで無いな?」と、私は思うようになり、ますます嘘話をエスカレートさせました。

ところがある日、とうとう先生に呼び出されました。「あぁ、ばれたか!」と思って怒られると覚悟したら「君のアイデアは面白いよ!」と、滅茶苦茶褒められてしまいました。私はぽかんとしてしまいました。

私は逆に「これでいいんですか?」と質問してしまいました。先生は答えました。「日記はどんな内容だっていいんだよ。毎日書くことが大切なんだから」と。先生はむしろ、毎日視定数をオーバーするほど嘘話を書いてくる私に、好感を抱いていたのでした。

面倒な先生だなとしか思っていませんでしたが、それ以降、私は何かとその先生に話をする機会が増えました。話してみると、マンガや映画おSFが好きという、普通のおじさんで面白かったです。

その先生は私が進級すると違う学校にいってしまいましたが、過去に出会った先生の中で一番印象強い先生でした。多分、先生と生徒という立場でなく、また年齢も近かったら、絶対仲が良い友達になれたなという先生でした。

Written by admin on 11月 24th, 2012

コラーゲン鍋で女子会   no comments

Posted at 3:04 pm in 日記

先日友達と女子会を開きました。
女子会ってどうしてこんなに気が楽で楽しいのでしょうかね。
ついつい話が盛り上がってしまって、あまりのうるささに周りにも迷惑をかけていたかもしれません。

どんどんボリュームが大きくなる私たちなので、おうちで女子会を開くことになりました。
待ち合わせをして食材の買い出しに行きます。
独身女性ばかりなのでこういう時にかけるお金はちょっとリッチ。
ワインをちょっといいものにしてみました。
メインとなるお料理はお鍋。
そろそろ夜は涼しいというよりも寒くなってきたので、仕事帰りにはお鍋が恋しくなる季節です。
ましてや、一人暮らしでお鍋はなかなか難しいでしょ。
ということで冬はたいていお鍋になってしまいます。

今回のお鍋はコラーゲン鍋。
今、スーパーにいったらお鍋のスープが本当にたくさんの種類ありますよね~。
トマト鍋やカレ鍋、ちゃんこや寄せ鍋、塩味、豆乳や参鶏湯などなど。
どれも捨てがたいのですが、今回はコラーゲン鍋に決まりました。

コラーゲン鍋には鶏肉と豚肉がお勧めです。
コラーゲンってそれだけを食べても体に吸収されないって知ってます?
一緒にお鍋のようなお野菜やお肉を食べることで作られるみたいです。

エバラからでているコラーゲン鍋の素。
これなんだか人気があるんですって。
なんとなんとコラーゲンが6000mgも含まれているそうですよ。
ちょっと濃いめで生姜が効いてます。
最後は雑炊でしめるとおいしいですし、冷めてきたらやっぱりコラーゲンなのでプルンプルンになってきます。
生姜がはいっているので体が温まって女性にはうれしいですよね。

鍋が終わったらワインとチーズやクラッカーでまたもや盛り上がりました。
話の中心としてはなぜか仕事の話。
女子会の話の内容って恋愛話が多いって思われがちですけど、実はそうでもないんですよん。
結婚のまじな話や仕事や職場のぐち、将来のこととかが多いですかね。
特に、一人の友達は会社を立ち上げているので、バリバリのキャリアウーマンって感じ。

彼女の事業拡大の話題でかなり盛り上がりました。
商標登録を年に何百件も取得するまでに会社に成長したそうです。
そこで、そのコストがかさむ悩みがあったそうです。
みんなでパソコンを使って検索してみると、http://www.syohyo-jp.comというサイトがありました。
なんでも、専門サポートにより大幅にコストカットをできるとか。
彼女は真剣にURLを書き留めていました。
その顔は真剣そのもので、女子会は一時静まりました(笑)

彼女はもちろん、友人たちと話をしていて思ったのは、
今や女性も仕事が命の時代になってきてるのではということ。
恋愛よりも仕事が優先みたいなね。
だからなかなか結婚できないんですね。
一人でも今は仕事があるから生きていける。
そういうふうにいつのまにか強いオンナになってしまったみたいです。

Written by admin on 11月 21st, 2012

コロコロ変わる息子の夢   no comments

Posted at 11:11 am in 日記

たまに小学生の息子に「将来何になりたい?」と質問します。しかしその答えは毎回違っていることから、将来ちゃんとした大人になれるか少々心配です。

「将来何になりたい?」

「うーん、消防士!」

「消防士? この間は警察官って言ってなかった?」

「うん、警察官はやめた」

「どうして」

「警察官は忙しそうだから」

「消防士だって忙しいよ。いつ何が起こるか分からないんだから、いつだって出動できるように待機して無いといけないんだよ?」

「知ってるよ。でも、暇な時は体も鍛えられるし、楽しそうだよ!」

息子は決まって最後に「~だから、楽しそう!」って答えます。暮らしの中で色々情報を目にして耳にする中で、どっちの方が楽しそうかで仕事を選んでいるのです。

ちなみに、警察官の前は、パン屋さんと言っていました。警察官に夢が変わったのは「警察官の方が、毎日刺激があって楽しそうだから!」という理由でした。毎日刺激があっちゃいけないんですけどね(笑)。

パン屋さんの前は、お笑い芸人でした。このお笑い芸人という夢は度々出てきます。人を笑わすことや、面白いことが大好きという根本的な考えを持っている子ですから、何かあるとその夢を持ち出してくるのです。

震災の時は、陸上自衛隊に入るって言っていました。あの時は私は大人げもなく、それは本当に大変だから辞めておきなさいって言ってしまいました(笑)。否定する訳ではなく、息子のような楽観的な子には向いていないでしょうから。

でも、こうやって色々な対象に刺激されてころころ夢が変わるっていうのも大切な成長の一部なんでしょう。まわりのものに興味をしっかりと持っているということですから。

どうでもよいというものの見方をしていては、自分が何になりたいかなんていう考えも持つことすらできませんから。そうやって成長してしまい、いざ働きに出る歳になっても何をやっていいのか分からないなんて人は、世の中たっくさんいますからね。

しかし、このままころころ夢が変わリ続けて大人になってしまうのもまた、やりたいことが多すぎて一つに選べないという事態にもなってしまうんですよね。私はそれが心配です。

いつかきっと「これしかない!」というものを見つけて一生の仕事にしてもらえたらと望んでいますが、それはまだまだ先のことでしょうね。それまでは、息子が次にどんな夢を語ってくるのかを楽しみにするとしましょう。

Written by admin on 11月 21st, 2012

太らない体質も悩みもの   no comments

Posted at 3:09 pm in 日記

太りやすい体質の人の悩みは大きな問題として取り立たされることは多いのですが、逆に太らない体質の悩みっていうのは、あまり注目されないですよね。

「太らないなんて羨ましい!」っていう人は多いでしょうが、別にそんなこともないのですよ。私も太らない体質なのではっきりとそれが分かります。太れない人は、肉付きがいい人を見ると「羨ましいなぁ」と感じるもんなんです。羨ましいと思う肉付きにも限度はありますけどね(笑)。

私の場合体の線が細くいのがコンプレックスです。理想としては大きな筋肉をつけて、欧米人のように厚い胸板や、シャツの袖がパツパツになるくらいの二の腕、頑丈で逞しい太ももを手に入れたいのですが、全然ついてくれません。筋肉はついても、太くならないんです。これが体質なのかって感じです。

プロテイン等を摂取すると大分変わってくると知人から聞いたのですが、プロテインにはちょっと抵抗があります。体に対する負担が大きいらしいですからね。命を縮めるんじゃないかって行為をしてまでは、肉体改造はしたくありません。実際はそんな危険性無いかも知れませんが(笑)。

食事の量をいくら増やしても駄目です。人並み以上食べているはずなんですけど、一向に体重が大きく増えたって事はこれまでありません。

体が細いと怪我をしやすい感じがするのもまた嫌です。筋肉は鎧のようなものです。体の内部にある骨や内臓を守るために筋肉が衝撃を吸収して和らげることで致命傷を避けることができるのです。

痩せていると、あちこち骨が触って感じられます。肋骨なんて、ちょっと殴られたくらいで折れちゃうんじゃないかって不安に感じる時があります。それで折れた肋骨が内臓に刺さって大変なことに…… なんていう怖い想像まで。

要するに私は、心配性なんです。それも極度の。怪我をしたくないから、肉付きの良い体に憧れるんです。

服のサイズも、MやLを着てみたいですよ。そこそこ長い年月生きてきて、今までSばっかり着てきましたからね。ユニクロだったらSSだって着れてしまいます。

特に私はアメカジが好きなので、小さいサイズが少なくて困りものなんです。私がアメリカ製の服を着ると、子どもがパパのTシャツを着ているみたいで恥ずかしい限りです(笑)。

Written by admin on 11月 19th, 2012

のんびりまったりと旅がしたい   no comments

Posted at 12:08 pm in 日記

今、日本で一番行ってみたい場所。それは京都です。外国人が最も憧れる日本の観光地の一つというだけあり、そこには日本の歴史が詰まっています。それを感じに行きたいのです。

京都には一度行ったことがあります。中学生の修学旅行です。京都と奈良を巡り、鹿さんにせんべいをあげたり、清水寺を訪ねました。あと、外国人観光客の青年となぜか意気投合して帽子をもらったりもしました(笑)。

でも、当時の私は若く、京都の趣を感じることはなかなかできませんでした。あんまり歴史自体に興味はありませんでしたし、何より、学校を離れて友達と旅する感覚を楽しむことで一杯で、あんまり風景を目にするなんて事はありませんでしたから。

歴史に興味を持つようになり、京都にもう一度行きたいなぁと思うようになったのは、高校3年生の時でした。あのころは戦争映画をたくさん観ていて、当時の歴史に興味を持ったのが切欠で、日本の歴史に触れたくなったのです。

高校の卒業旅行の話で、私は京都をあげました。でも多数決で結局北海道に決まってしまいました。それはそれで良かったですし、楽しかったのですが、京都を尋ねる機会を逃してしまいました。

次に機会が巡ってきたのは大学卒業前です。友だちと計画した卒業旅行は沖縄と決まってしまったので、一人で京都に行こうと思っていました。社会人になったら、しばらくは旅行なんてゆっくりできなくなってしまうと分かっていましたから。

ところが、京都旅行の日が近づくと、就職予定の会社から連絡が入り「時間がある時に職場に来て仕事をやってみないかい?」と誘われてしまいました。「いえ、予定があるので無理です」なんて断れるわけもなく、京都旅行は断念してしまいました。

それからというもの、仕事に明け暮れて京都への思いはどこかへ。そして今、ふと「京都に行きたいなぁ」ということを思い出したのでした。

今ならもう時間的に京都にいけない事はありません。2連休程度であれば確保できますから、休みの前日に出発すれば、2日間近くは京都を味わうことができます。あとは決断力だけです。

でも、なかなか実行に移せません。無理して行っても楽しめないんじゃないかと思うからです。心にゆとりがあってこそ、旅は楽しめるわけであり、帰ってすぐに仕事に戻るなんていう強行旅行はちょっと。

1週間は休みが欲しいです。そうすれば、のんびりまったりと旅ができます。でも、そんな大型の休み、今の私に確保できるのでしょうか? いいえ、無理です。

Written by admin on 11月 18th, 2012

粘土の犬   no comments

Posted at 6:07 pm in 日記

小学生の頃の夢は、プロ野球選手でした。でもそれは叶いませんでした。

中学生の頃の夢は、クリエイティブな人間になることでした。凄くアバウトな夢でしたね。当時なぜか、クリエイティブという言葉が好きだったんです。学校の先生には「もっと具体的に」と言われたものです。

そして今、中学生の頃の夢は何となく叶ってるんじゃないかな? って思っています。私にしかできない仕事を任されている今、それはクリエイティブな仕事といえ、私自身がクリエイティブな人間といえるからです。

昔から何か作るのが大好きで、真似をするのが大嫌いな子でした。それは物心ついたときからずっとだったと思います。

自分がそういう性格だと気がついたのは幼稚園の頃で、4、5歳だった時です。私がよく覚えている最古の記録でもあります。粘土で動物を作ってくださいという課題があって、私は犬を作ったんです。でも、まわりの子の作品をみたら犬が多くて私はそれが妙に嫌に感じて、完成した粘土の犬を壊してしまったんです。この時からすでに、自分がまわりと一緒にされるのが嫌いなんだと感じていたのです。

小学生の頃は、野球をやってました。将来の夢をプロ野球選手って言えるくらい楽しかったです。でも、ある時ふと、野球をやってる人を客観的に見た時「野球やってる人多いなぁ」と感じました。そう感じた瞬間、一瞬にして野球に対する熱が冷めてしまいました。「みんなやってるんだから、僕はやらなくていいや」って。

それからの私はかなりのあまのじゃくでした。誰かが右に行けば私は左に行くという性格になり、現在に至っています。そうして出来あがったのが、何かを生み出すことが大好きで、既存のものには満足できないという自分でした。

こういう性格は本当に面倒ですよ(笑)。既存のものに満足できないって事は、いろいろ不満を感じてしまうことですから。何を見ても「あそこをこうすればもっと格好良いのに」とか「なんでここを妥協してるんだろう? コストか?」などと否定をしてしまうんです。

そして逆に、素晴らしいものを見つけると、純粋に凄いと思う中で「ちくしょう!」という悔しさも感じてしまうのです。

ものに対してそういう思いを抱くのはまだ良いのですが、それがたまに対人関係にも影響してしまうと厄介です。それはいけないことだと思っているので極力抑えるようにしていますが、どうしても表に出てしまう時もあります。苛立って大変です。

幼稚園児の時、粘土の犬を壊していなければ、こんな苦労をしなくて済んだのかな? なんてことも思ってしまいます。

Written by admin on 11月 17th, 2012

ギターのインターネットレッスン   no comments

Posted at 12:55 pm in 日記

今日は、週1回のエレキギターのレッスン教室の日でした。週1なので、目覚しい成長はできていませんが、少しの時間でも誰かに教わってレッスンするって事は、毎日一人で練習するだけよりも大きな価値がありますから。

レッスン教室は自宅です。といっても、先生を招いているわけではありません。インターネットレッスンです。便利な世の中になったものです。カメラとパソコンがあれば、自宅がレッスン教室になってしまうのですから。

本当は、実際に通うレッスン教室を探していたのですが、なかなか近くに教室がないもので。通いたい場所はあったのですが、そこは家から遠く、電車だと1時間と、週1でも通うのはちょっと大変でした。

バイクで行けば30分くらいで行けるのですが、ギターを背負って運転するのは大変ですし、雨が降った日には、通うことすら難しいです。

ところが、その教室ではインターネットレッスンもやっていたはずという情報を、ギターを購入したお店の店員さんに聞き、問い合わせたところ「やってますよ」とのことでした。

それで、パソコン用のヘッドセットとカメラを購入し、インターネットレッスンをはじめたのでした。

インターネットレッスンとはいえ、やはり会話をしながらのレッスンは、ネット上の情報を目にしながら弾くのとは訳が違います。先生とコミュニケーションをとりつつレッスンできれば、気になっているところをすぐに教えてくれますし、指摘もしてくれますから。

でも今日、先生はこんなことを言っていました。やっぱり直に通ってレッスンを受けるほうが、成長は段違いだと。インターネットレッスンは所詮、どうしても自宅から離れられなかったり、近くに全くレッスンできる場所が無い人の為の、簡易的なものなんだそうです。

それに、本格的なアンプやエフェクターもあり、まわりを気にせず思いっきり弾くこともできます。しっかりした機材を使い、思いっきり弾くことって、ギターが上手くなるコツなんですって。

私は教室まで電車で1時間くらいなので、通えないこともありません。「もし、来られる日があれば、直に来てもらっても大丈夫ですよ」とのお言葉もいただきましたので、次回は足に運んでみようと思います!

Written by admin on 11月 15th, 2012

鍛えることには嵌る友人   no comments

Posted at 11:04 am in 日記

「やり始めたらとことん気がすむまでやる!」っていう性格の友だちがいるんですけどね、最近は体を鍛えることに夢中になっています。

体を鍛える切欠になったのは、食費を削るということだったそうです。いかに安く、効率よく栄養を取り入れられるかという食材を探し始めて、肉は全て鳥のささみを使うようになったり、自作の野菜ジュースで栄養を補給するようになったり。とにかく最初は健康意識が先立ったようです。

体が健康になってくると、もっと健康になりたいと思うようになり、そうなったら余分な脂肪を落として筋力と体力をつけなければということで、トレーニングをはじめたのでした。

結局は、プロテインなども飲むようになり、当初の目的である食費を削るという節約はどこかにすっ飛んでしまったようです(笑)。

今ではすっかり、ボクサーのような体型をしている彼。なかなかの威圧感も出てきました。でも、ケンカといった揉め事は大嫌いな性格なので、折角鍛えた肉体が活躍するような場面はまず無いでしょうね(笑)。

彼の勧めで何度かジムに行ったり、街をジョギングすることがあるのですが、私はからっきし駄目です。長続きしません。せいぜい、週に1回やってストレス発散できればいいやってくらいです。あんまりやると逆にストレスを溜め込んで爆発しそうです。

彼曰く「身長が高いし鍛えれば肉付きも良さそうなのになぁ」とのことです。そういってくれるのはありがたいですけど、別に格闘家になりたいわけでもなければ兵隊になりたいわけでも無いですからね、鍛えたいとは思いません。

体を鍛えたくてしょうがないというのは、あれも一種の依存みたいなものなのかも知れません。食べ物をカロリーで見るようになり、動く際もカロリー計算を考え、栄養を補給する時間までも気にします。そうしないと駄目な自分な気がして落ち着かないと彼も言っています。十分な依存症状と言えますよね。

依存って言うと聞こえが悪いので、嵌ってるっていう表現が正しいかも。鍛える事は趣味のようですから、健全な趣味ですよね。

でも、時々嵌りすぎて倒れてしまう人もいるそうです。糖分が不足して頭がふらふらになったり、貧血を起こしてしまうんだそうです。さすがにそこまでなってしまったら、嵌ってるって言葉じゃ済まないですよね。

Written by admin on 11月 15th, 2012

欧州への憧れと行動力   no comments

Posted at 11:03 am in 日記

職場の先輩に海外旅行が趣味という方がいて、色々な国を旅した時のお話をたくさんしてくれます。

アメリカ横断旅行やインドのタージマハルを訪ねたり、欧州を周ったり。年中日本で過ごしている私にはどれもスケールが大きくて憧れてしまいます。先輩のような暮らしがいつかできればなと、それが私の目標でもあります。

先輩の話の中で一番私が好きなのは、欧州をレンタルバイクで数日間走って巡ったことです。あんなに刺激的でワクワクするお話は、そんじゃそこらの冒険小説なんかより面白いです。

レンタルしたのはBMW。やはり欧州といえば、車両も欧州ってことで選んだそうです。結構高かったようです。でも実は、BMWのフィーリングが自分に合わなくて結局ヤマハに乗り換えたそうです(笑)。向こうでも日本車の優秀さを味わったって言ってました。

欧州には何度か訪れているとのことですが、バイクで巡った旅が一番、それも圧倒的に一番だったとのことです。レンタカーや電車では考えられない、始終欧州の風を感じて移動するということが心に大きかったのです。

ヨーロッパでバイクをレンタルして1週間程度走るだけでも、かなりの高額料金です。でも、いつか私も先輩と同じくバイクで巡ってみたいものです。その際はやっぱり、日本車を選ぶかな(笑)?

先輩にバイクの旅の話を聞いてから、ネットで色々と調べてみたら、個人で海外バイク旅行を楽しんでいる人は意外と多くてびっくりしました。それも、全員が全員お金持ちって訳ではなく、時には貧乏学生であったり、貧乏社会人であったり。色々お金を工面して旅を行なっていました。

中でも、18歳で単身イギリスに行き、現地でバイクを買って旅をしたというつわものもいました。私が18歳の頃と比べたら、なんとまぁアグレッシブな人だと感心してしまいました。

その人が向こうでバイクを買ったというのは、日本からバイクを輸送すると、20万円近く費用がかかってしまうからとのことでした。だったら、向こうで買ってしまったほうが安くすむかもって考えだったそうです。これまたびっくりの発想です。

私もこの当時18歳の青年や先輩のように、行動力があれば、いつかとは言わず、明日にでも欧州に行けてしまうんでしょうね。もっと、がんばらないと!

Written by admin on 11月 15th, 2012