空気が抜ける原因は。   no comments

Posted at 12:11 pm in 日記

先日見つけた野良猫ちゃんがすっかり乗馬場を気に入り、住みついてくれています。
みんな猫ちゃんが大好きなようで、毎日さらに楽しそう。
早く帰宅した娘は、一分でも早く猫ちゃんとお馬さんに会いに行きたくて仕方ありません。
「いってきま~す!」
お馬さんにあげるキャベツを抱え、いそいそと家を出ます。
お馬さんって、にんじん以外にもキャベツやりんごなどが大好きなんだそうです。
娘と一番の仲良しの子はキャベツが好きらしいので、見切り品を見つけると娘がそ~っとかごに入れるんですよね・・・。

そうやってにぎやかしく出て行ったのに、どうもいつまでも下でごそごそしている音がします。
上から覗いてみると、いつも私の自転車に乗っていく娘が、長らく乗っていない自分の自転車を引っ張り出しているではありませんか。
「どうしたの?」と声をかけると、どうもパンクしているようだと娘。
空気が抜けていたから入れ直したら、ぷしゅ~って言った、とのこと。

同じような状態になったことのある私はピンときました。
虫ゴムだわ、それ。
でも、今手元にはないので、とりあえず小さい自転車で行かせて、旦那さんの帰宅を待つことにしました。

帰ってきた旦那さんに言うと、自分の自転車もちょうど虫ゴムを変えようと思っていた、というので、そのままホームセンターへ。
虫ゴムを購入して、旦那さんのと娘の、もとい私の自転車の虫ゴムを付け替えます。
空気を入れてみると、やっぱりこれできちんと入ります。

以前私もあわてて空気を入れていたら、ゴムが切れて「ぷしゅ~!」ってすごい勢いで空気が出てびっくりしたんですよね。
あの時は虫ゴムが切れるなんて知らないので、パンクだと信じて疑いませんでしたが・・・成長したものです、私も。
それにしても、何でもできる頼りになる旦那さんがいてよかったわ、です。

Written by admin on 4月 12th, 2012